製品紹介技術紹介ご依頼から納品まで会社概要採用情報
ゴム成形品の製造に端を発し、独自の開発技術と管理力を基盤に、時代と社会のニーズにお応えしながら事業の拡大を図って参りました。
そして今日、ゴム、プラスチックともに金型製作から成形まで一貫した生産体制のもと各分野において高い品質と高い信頼性の精密成形部品を供給致しております。

会社理念

経営の目的

『全従業員の物心両面の満足度の向上と地域社会への貢献』


経営方針

『ヨットは逆風でも走る』

誰もが順風満帆で航海する事を願っている。
しかし、風は刻々と変化し、目には見えない航海が行く手を阻む。
確かな明日への航路を見つけるために、新しい発想と勇気ある行動力が要求される。
不確実性の中、逆風に向かって進むヨットは、私達の企業姿勢と同じです。


企業ビジョン

『勝ち残れる、今日より明日が 楽しい JYOTO の実現』

顧客から満足され信頼が得られる JYOTO
事業と地球環境の調和を目指す JYOTO
社員の熱意と努力が正しく報われる JYOTO


経営基本五則

一. 我々は常に創造、研究を重ね迅速で確実な製品を生産する。
一. 我々の生産する製品は常に世の中の向上発展の為の一助となるものである。
一. 我々の労働行動は常に他人の模範となり積極的で真剣である。
一. 我々は常に一致協力し助け合い社業繁栄の為に努力する。
一. 我々は常に希望とファイトを持って明朗で快活な生活をする。


基本方針

『品質第一』

品質は企業の命である。


基本情報

社名 城東化成株式会社
創業 1973 年 5 月
設立 1978 年 12 月 1 日
代表者 公原 政史
所在地 島根県安来市佐久保町 496-1 (安来インター工業団地内)
TEL 0854-22-1568
FAX 0854-23-0892
営業品目 ゴム及び精密プラスチック成形部品の製造、並びに精密金型の設計・製作
資本金 3000 万円
従業員数 133 名 (2018 年 4 月現在、アルバイトは除く)
関連会社 株式会社 城東製作所 ( URL:http://www.jyoto.co.jp )
〒538-0052 大阪市鶴見区横堤 4 丁目 3-22
Tel. 06-6915-1511 / Fax. 06-6915-8815


沿革

1973 (昭和 48) 年 5 月 (株)城東製作所安来工場としてゴム成形品の生産を開始
1975 (昭和 50) 年 4 月 プラスチックの射出成形品の生産を開始
1978 (昭和 53) 年 12 月 資本金 1000 万円にて城東化成 (株) として分離独立
1980 (昭和 55) 年 8 月 資本金 2000 万円に増資
1983 (昭和 58) 年 10 月 資本金 3000 万円に増資
1985 (昭和 60) 年 11 月 VAN 電送システム導入カンバン方式での生産開始
1989 (平成 元) 年 5 月 金型製作工場を新築、設備補強
1991 (平成 3) 年 4 月 VAN システムをオフコンに移行、バーコードによる製品管理開始
1998 (平成 10) 年 4 月 品質システム 『ISO9002』 認証取得
1999 (平成 11) 年 5 月 品質システム 『ISO9001』 へ認証範囲の拡大審査合格
2000 (平成 12) 年 12 月 環境マネジメントシステム 『ISO14001』 の認証取得
2004 (平成 16) 年 2 月 島根県及び安来市と「企業立地促進条例に関する覚書」調印
2005 (平成 17) 年 7 月 ROHS 指令 (有害 6 物質) の不使用保証を確立する為、JYOTO グループとして、蛍光 X 線分析装置を導入
2006 (平成 18) 年 12 月 UL モルダープログラム認証取得
2007 (平成 19) 年 4 月 新工場 (安来インター工業団地) への移転を計画。(2009 年 5 月移動予定)
2008 (平成 20) 年 2 月 島根県及び安来市と『企業立地促進条例に関する覚書』に調印
2009 (平成 21) 年 5 月 新工場へ移転、操業スタート
環境に配慮した工場設計で、建築物環境性能評価 (CASBEE) B+ 評価を獲得 
2010 (平成 22) 年 5 月 プラスチック・ゴム成形機の更新と増設
自動測定器の導入
2010 (平成 22) 年 7 月 販路拡大を目指し関東営業所開設
2011 (平成 23) 年 10 月 しいたけ栽培を開始
2012 (平成 24) 年 1 月 ダイレクトドライブ ハイサイクル成形機を 3 台増強
2016 (平成 28) 年 2 月 製品倉庫を拡張
2018 (平成 29) 年 8 月 島根県及び安来市と「企業立地促進条例に関する覚書」に調印
2018 (平成 29) 年 8 月 プラスチック・ゴム・金型 各生産設備の増強